新着情報

シンプレクス、仮想通貨の相対取引用システムを製品化へ – 日経xTECH

日経xTECHシンプレクス、仮想通貨の相対取引用システムを製品化へ日経xTECHDefinityは、仮想通貨を相対取引する大口取引業者向けの売買システムだ。採掘したコインを売りたい採掘業者や、ヘッジファンドなどの金融機関、仮想通貨を代金決済に使っているEC(電子商取引)業者などの利用を見込む。相対取引は仮想通貨市場で4〜5割の取引シェアを ......

欧州が仮想通貨取引のハブに? 18年に入りICOの調達額が急増中 – ITmedia

ITmedia欧州が仮想通貨取引のハブに? 18年に入りICOの調達額が急増中ITmedia欧州が世界の仮想通貨取引のハブとして頭角を現してきたようだ。英ベンチャーキャピタル(VC)Fabric Venturesが発表した調査結果によると、2018年に入り欧州でのICO(Initial Coin Offering、仮想通貨の新規公開)による資金調達額は41億ドルと、アジア(23億ドル)と ...【速報】香港金融規制機関:仮想通貨規制検討の意向も「禁止」には反対の姿勢を示す株式会社CoinP...

仮想通貨と資金調達の関係(10/17) – 仮想通貨羅針盤

仮想通貨羅針盤仮想通貨と資金調達の関係(10/17)仮想通貨羅針盤仮想通貨市場は過去24時間では小動きとなっています。イーサリアムだけは5.14%の上昇とかなり堅調な動きが続いています。 企業の資金調達といえば銀行の借り入れですが、銀行はスタートアップ企業に対してはなかなかお金を貸してくれません。IPO(Initial Public Offering、 ...and more »...

134億円相当を集めたICO「Liquid」リリース! 世界中の注文を集めて「流動性」を確保せよ!? – ザイFX!

ザイFX!134億円相当を集めたICO「Liquid」リリース! 世界中の注文を集めて「流動性」を確保せよ!?ザイFX!ICOが実施されても、途中でプロジェクトがポシャってしまったり、架空のプロジェクトをでっち上げて、資金を集めることのみを目的とする詐欺のようなケースも見られるようですが、「Liquid」はICO実施後、順調にプロジェクトが進行していた様子。その結果、上述のとおり、QUOINE ......

シンプレクス、ブロックチェーンに特化したエンジニアブログを公開 – PR TIMES (プレスリリース)

シンプレクス、ブロックチェーンに特化したエンジニアブログを公開PR TIMES (プレスリリース)シンプレクスでは、2018年6月より、ブロックチェーンを使った新しいビジネスを創出するため、「市場調査」と「プロトタイプ開発」をミッションとするR&Dプロジェクトがスタートしており、金融/非金融問わず、ブロックチェーンと様々なテーマを掛け合わせた新しい分野に挑戦しています。...

コンセンシス支援のジャーナリズムプラットフォームCivilがICO失敗、市況の悪さ影響か – コインテレグラフ・ジャパン(ビットコイン、仮想通貨、ブロックチェーンのニュース)

コインテレグラフ・ジャパン(ビットコイン、仮想通貨、ブロックチェーンのニュース)コンセンシス支援のジャーナリズムプラットフォームCivilがICO失敗、市況の悪さ影響かコインテレグラフ・ジャパン(ビットコイン、仮想通貨、ブロックチェーンのニュース)イーサリアムのプロジェクト開発を支援するコンセンシス(Consensys)から資金援助を受けていた分散型ジャーナリズムプラットフォームのシビル(Civil)が、イニシャルコインオファリング(ICO)に失敗し、払い戻しを行うと発表した。 シビルCEOのマシュ...