ICOに営業停止命令、証券委が法違反を指摘 – アジアエックス


ICOに営業停止命令、証券委が法違反を指摘
アジアエックス
... 【クアラルンプール】証券委員会(SC)は9日、シンガポールのコピーキャッシュ・ファンデーションに対し、ICO(仮想通貨の発行を伴う資金調達)とそれに関連するすべての営業活動を停止するよう命じた。証券関連法に抵触する可能性があると判断したためだ。このためコピーキャッシュは9日に予定していたICO発表会見を ...

and more »

専門家が警鐘「仮想通貨ICOはほとんど詐欺」 – ハーバー・ビジネス・オンライン


ハーバー・ビジネス・オンライン

専門家が警鐘「仮想通貨ICOはほとんど詐欺」
ハーバー・ビジネス・オンライン
一昨年の段階から、暗号通貨、電子通貨の時代と言われていた。2、3年前までは『実態がないからダメだよね』というのが共通認識だったにも関わらずです。ところが一昨年の夏以降、ビットコインの価格はうなぎ登り。世界的な通貨として認識され、それに伴い投資家、特にFXやIBOといったギャンブル性の高い市場に投資 ...

ライトサンズグループがICOコンサルティング事業を開始 – マイナビニュース


マイナビニュース

ライトサンズグループがICOコンサルティング事業を開始
マイナビニュース
ブロックチェーン開発事業などを行うライトサンズグループは12月11日、仮想通貨による資金調達であるICOのコンサルティング事業を2017年12月からスタートすると発表した。 同コンサルティングサービスは、ICOを実施するために必要な期間、概算金額など、実施の判断材料となる情報を提供する「ICOの検討・判断をサポート ...

and more »

仮想通貨による資金調達「ICO」は、うさん臭いのか? – 投信1


投信1

仮想通貨による資金調達「ICO」は、うさん臭いのか?
投信1
仮想通貨を利用した新しい形の資金調達として注目を浴びるICOは、資金調達界に革命をもたらしたと言っても過言ではありません。 海外では2億ドルもの資金をICOで調達する事例も見られるなど、ベンチャーキャピタル(VC)による調達やIPO(Initial Public Offering、新規株式公開)に比べると、多額の資金調達を容易 ...

種類が多い仮想通貨は「ICO」で一攫千金を狙う – ガジェット通信


ガジェット通信

種類が多い仮想通貨は「ICO」で一攫千金を狙う
ガジェット通信
ICOコインとは、まだ上場されていない仮想通貨のこと。価格が安い未公開の仮想通貨を入手することで、上場後にかなりの価格に上がる可能性があります。もちろん、上場後に下がるケースもあり、未公開の仮想通貨には詐欺行為が絡む危険性も…。あくまでも自己責任で行って ...

ベンチャーの希望か新手の詐欺か、ICOの未来 – 日経ビジネスオンライン


ベンチャーの希望か新手の詐欺か、ICOの未来
日経ビジネスオンライン
仮想通貨の影響は企業による資金調達の分野にも及ぶ。独自のトークン(デジタル権利証)を販売することで資金を集める「ICO(イニシャル・コイン・オファリング)」が注目されている。従来の資金調達方法に比べてハードルが低く、世界中からお金を集められることからベンチャー ...

シンガポール金融管理局「ICOから学べる点もある」 – コインチョイス


シンガポール金融管理局「ICOから学べる点もある」
コインチョイス
シンガポール金融管理局(MAS)で執行役員を務めるNg Yao Loong氏は、ICOおよび暗号通貨を取り巻く最近の進展からは学ぶ点があると述べた。 その理由はパブリック市場とプライベート市場の両方を改善するソリューションの可能性について学びを得られる可能性がそこには ...

詐欺か革命か ICOに沸くシリコンバレー – 日本経済新聞


日本経済新聞

詐欺か革命か ICOに沸くシリコンバレー
日本経済新聞
ベンチャー企業が仮想通貨で資金調達をするICO(イニシャル・コイン・オファリング)が活況を帯びている。6月以降に企業に流れた額では従来型のベンチャーキャピタル(VC)を上回る状況が続く。法規制が無くリスクが高いとの指摘も少なくないが、それでもブームは止まらない。

少額で高い利回り 「億り人」急増するICO投資成功の秘訣 – 日刊ゲンダイ


日刊ゲンダイ

少額で高い利回り 「億り人」急増するICO投資成功の秘訣
日刊ゲンダイ
この先、日本でも増える可能性が高いのが、仮想通貨を使った資金集め、企業が行うICOです。すでに海外では、数多く実施されています。 ICOとは、乱暴に言ってしまうと、IPO(新規公開株)の仮想通貨版です。 企業は、株… この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに ...

シンガポール金融管理局「ICOから学べる点もある」 – コインチョイス


コインチョイス

シンガポール金融管理局「ICOから学べる点もある」
コインチョイス
シンガポール金融管理局(MAS)で執行役員を務めるNg Yao Loong氏は、ICOおよび暗号通貨を取り巻く最近の進展からは学ぶ点があると述べた。 その理由はパブリック市場とプライベート市場の両方を改善するソリューションの可能性について学びを得られる可能性がそこには ...

伊藤穣一氏のICOバブルに対する苦言とは? – コインチョイス


コインチョイス

伊藤穣一氏のICOバブルに対する苦言とは?
コインチョイス
伊藤穣一氏は最近のICO(イニシャル・コイン・オファリング)の過熱ぶりについて言及し、手軽な資金調達方法として広まってしまったICOについて苦言を呈している。 スタンフォード大学で2日間に渡って行われているビットコイン開発者向けのイベント「スケーリングビットコイン」2日 ...
ICOの次は選挙?ブロックチェーンの新しい使い道とは | ReadWrite[日本 ...ReadWrite Japan (ブログ)
【ビットコインの基礎シリーズ】 第8回 仮想通貨詐欺の見破り方BLOGOS
ビットコインが理解できない米国人 11%が「所持は違法」と回答 | Forbes ...Forbes JAPAN

all 11 news articles »

仮想通貨ICOの危うさ、テゾスの内紛で露見 – ウォール・ストリート・ジャーナル日本版


ウォール・ストリート・ジャーナル日本版

仮想通貨ICOの危うさ、テゾスの内紛で露見
ウォール・ストリート・ジャーナル日本版
新興企業テゾスは7月、2億3200万ドル(約260億円)規模の新規仮想通貨公開(ICO=イニシャル・コイン・オファリング)を実施した。だがこの今年最大級のICOの後、テゾスでは「内紛」が勃発し、ICOプロジェクトの成否が危うくなっている。注目を集めるこの新たな資金調達手法 ...
Tezos(テゾス)のICOに内紛の危機 ICO応募者のおカネはどうなる? これが円満に解決を見なければ、「Tezosショック」が仮想通貨市場に走るリスクもあるMarket Hack (ブログ)

all 2 news articles »

ICO? プレセール?トークン? 知らないとソンする仮想通貨キーワード集 – エキサイトニュース


エキサイトニュース

ICO? プレセール?トークン? 知らないとソンする仮想通貨キーワード集
エキサイトニュース
ICO・・・ICO(Initial Coin Offering)とは、株で言うIPO(Initial Public Offering)のようなもので、これからプロジェクトが公開されるときに資金を調達する手段のことです。現在「何を買っても上がる!」と言われているのは、このICOに参加しておけば、取引所で公開されるときに高値 ...

仮想通貨で資金集める「ICO」、法的解釈は – ニコニコニュース


ニコニコニュース

仮想通貨で資金集める「ICO」、法的解釈は
ニコニコニュース
企業が仮想通貨(トークン)を発行してサービスなどの開発資金を調達する「ICO」(Initial Coin Offering:新規コイン発行)が注目を集めている。2017年春ごろに伸び始め、世界中のICO案件を合わせると9月時点で総額2674億円に上る(※)。しかし調達した資金で“真面目に” ...

and more »

仮想通貨で資金集める「ICO」、法的解釈は – エキサイトニュース(1/4) – エキサイトニュース


仮想通貨で資金集める「ICO」、法的解釈は - エキサイトニュース(1/4)
エキサイトニュース
企業が仮想通貨(トークン)を発行してサービスなどの開発資金を調達する「ICO」(InitialCoinOffering:新規コイン発行)が注目を集めている。2017年春ごろに伸び始め、 ...

and more »

仮想通貨で資金調達する「ICO」で一攫千金とは? – ハーバー・ビジネス・オンライン


ハーバー・ビジネス・オンライン

仮想通貨で資金調達する「ICO」で一攫千金とは?
ハーバー・ビジネス・オンライン
仮想通貨で資金調達する「ICO」で一攫千金とは? 2017年10月02日 マネー. 仮想通貨を利用した資金調達である「ICO」で稼ぐ個人投資家が急増中だ。売り出し価格から40倍以上も値上がりするトークンが登場するなど、短期間で爆発的な利益を狙える可能性を秘めている。

ICOの枠組みの中で考える必要がないものとは – ニコニコニュース


ニコニコニュース

ICOの枠組みの中で考える必要がないものとは
ニコニコニュース
日本では今年の8月から急な盛り上がりを見せているICOについて、まずはこれを正しく定義する必要があるとして、ICOとは「デジタルトークンをリワードとして提供することで仮想通貨を調達する購入型クラウドファンディング」であるとご説明しました。そのうえで、前回は正しいICO ...

ルールなきICO投資、「宴」の危うさ – 日経ビジネスオンライン


日経ビジネスオンライン

ルールなきICO投資、「宴」の危うさ
日経ビジネスオンライン
仮想通貨を使った新しい資金調達手段として注目を集める「ICO(Initial Coin Offering)」。先行する海外に追随する形で、日本国内でも取引が拡大する兆しが出てきた。だが、トラブル防止に向けた投資家保護のルール作りが追い付いていないのが現状だ。 仮想通貨を利用して ...