ビットコインと証券、米国で「信頼度」の差が縮小 | Forbes JAPAN … – Forbes JAPAN


Forbes JAPAN

ビットコインと証券、米国で「信頼度」の差が縮小 | Forbes JAPAN ...
Forbes JAPAN
仮想通貨の中で最も時価総額が高いビットコインについて、米国の消費者はどのような考えをもっているのだろうか?アンケート調査の結果、購入に関心を持つ人は半数を超え、信頼度においても証券取引との差をかなり縮めていることが分かった。調査会社トルーナ.

and more »

韓国「仮想通貨全面禁止はデマ」 金融委員会が否定 – Forbes JAPAN


Forbes JAPAN

韓国「仮想通貨全面禁止はデマ」 金融委員会が否定
Forbes JAPAN
韓国では全ての仮想通貨の取引きが禁止されるとの説が浮上したが、パニックになる必要はないようだ。規制当局はこの噂を否定した。 今回の騒ぎは、政府関係者が仮想通貨の禁止を“検討中である”との発言を引用した、地元メディアの報道を受けてのもの。韓国では李洛淵(イ・ナギョン)首相が、若者たちが仮想通 ...
韓国、仮想通貨に関する緊急会議開催へ 関連措置は15日発表ロイター
仮想通貨の異常な値上がり 緊急会議開催=韓国政府聯合ニュース

all 4 news articles »

仮想通貨は人間の何をかえるのか? – Forbes JAPAN


Forbes JAPAN

仮想通貨は人間の何をかえるのか?
Forbes JAPAN
具体的には、ビットコインに代表される仮想通貨(原語のcrypto coin、暗号通貨の方が実態を表している)である。仮想通貨を活用した新興企業の資金調達(ICO=Initial Coin Offering)はその応用だ。 仮想通貨の特徴は、何といっても分散化と直接民主制のような構造にある。高度な情報通信技術で取引を分散 ...

and more »

今そこにある「仮想通貨バブル」という危機 – Forbes JAPAN


Forbes JAPAN

今そこにある「仮想通貨バブル」という危機
Forbes JAPAN
テクノロジーの進歩は、経済の血液たる「通貨」にまで及ぼうとしている。今後コインの種類こそ変わっても、仮想通貨がなくなることはないだろう。だが社会が新しい血に慣れる上で、副作用は避けられないのかもしれない。
仮想通貨「イーサリアム(ETH)」スウェーデンでETNへ~高値挑戦なるかAppTimes

all 2 news articles »

中国の仮想通貨取引の禁止を一時的措置と見る理由 – Forbes JAPAN


Forbes JAPAN

中国の仮想通貨取引の禁止を一時的措置と見る理由
Forbes JAPAN
中国政府による仮想通貨の取引禁止は、一時的なものに終わるのかもしれない。第19回共産党大会の開催を前に、「筋金入り」の一部の党員たちの気持ちを和らげるための措置とも考えられる。 中国政府と国内の銀行は、仮想通貨を容認することができない。それは、自らの ...

仮想通貨への規制を各国が強化、長期的な見通しは – Forbes JAPAN


Forbes JAPAN

仮想通貨への規制を各国が強化、長期的な見通しは
Forbes JAPAN
複数の国の「大きな政府」がビットコインをはじめとする仮想通貨の規制に乗り出し、これらに悪影響を及ぼし始めている。中国政府は9月4日、「経済と金融の秩序に深刻な混乱を生じさせた」として、新規仮想通貨公開(ICO、イニシャル・コイン・オファリング)による資金調達を禁止 ...
DMM、仮想通貨のマイニング事業に参入、10月からトライアルを開始INTERNET Watch
中国、仮想通貨取引所を当面閉鎖 ビットコイン急落日本経済新聞
DMMも仮想通貨のマイニング事業に参入--世界トップ3のファーム規模を目指すCNET Japan
TechCrunch Japan -GIGAZINE -ITmedia
all 76 news articles »