補償原資足りずテックビューロ消滅へ。仮想通貨取引所「倒産リスク」にどう備える? – BUSINESS INSIDER JAPAN


BUSINESS INSIDER JAPAN

補償原資足りずテックビューロ消滅へ。仮想通貨取引所「倒産リスク」にどう備える?
BUSINESS INSIDER JAPAN
約70億円相当の仮想通貨が流出した、取引所Zaifが解散することが2018年10月10日に決まった。Zaifを運営するテックビューロが、同じ仮想通貨交換業者であるフィスコ仮想通貨取引所に事業を譲渡し、テックビューロは解散の手続きに入る。 2017年4月に改正資金決済法が ...
仮想通貨流出「Zaif」運営のテックビューロが解散へ--フィスコに事業譲渡 ...CNET Japan
仮想通貨取引所「Zaif」フィスコへの事業譲渡が正式決定:テックビューロは仮想通貨交換業の登録廃止へ株式会社CoinPost
テックビューロ、仮想通貨交換事業を譲渡 フィスコと正式契約日本経済新聞
朝日新聞 -朝日新聞社 -毎日新聞
all 80 news articles »